スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒豚Sounds,大爆発!!

黒豚1


黒豚Soundsさんのライヴに行ってきた!
スタジオモンジャクシンで、オープン初日から毎週欠かさず練習してくださってるバンドです。

最高でした。あんまり好き勝手書くと迷惑だとは思うんですが、
ほんとに良かったので少し書かせてください(すいません)。

歌を大切にしているバンドだと聞いてたけど、楽器陣がめちゃエネルギッシュ。
特にギターの、巧みながらもメタル出身の名残薫る鋭い音色と、
ベースの、歌ものらしからぬ武骨な音色。
もう、バリバリのバンドなわけ!なのに、その上で歌を一番響かせるワッキーさんすごいわ。
歌重視と言いつつ、楽器が引っ込んだだけのバンドが多い中で。


黒豚3


そしてドラム。ドラマーegumoさんの、

「楽器を演奏するのが上手い人と、音楽を演奏するのが上手い人がいると思うんですよ」

というアツイ名言は心から離れないんだけど、まさにそうだった。
これは、誉め言葉として取ってもらえるか心配なんだけど、途中何度か、ドラムが鳴っているのを忘れたんです。
僕は、本来ドラムってのは、聴くものじゃなく、音楽を、身体を躍動させるものだと思うわけです。
もちろん、爆音で確かに鳴っているし、身体を突き動かしているのは確かにドラム。
なのに、「鳴っているのを忘れる」。これって、すごいことじゃないだろか!


黒豚2


ああっ!もっと色々書きたい!まだ、書きたいことの1/3(笑)!
だけど、ごちゃごちゃゴタク並べたら、きっと嫌われるからやめとこ!
とにかく、黒豚サウンズは、
笑えて
踊れて
泣けて
じんわりきて
スッキリする
最高のバンドです!
みんな、見に行こう!!



追伸:あんな素晴らしいライブができるのは、毎週欠かさず練習しているから(笑)。
そう、みんな、毎週モンジャクシンに来よう(笑)。

……ま、毎週集まってもモメず、マンネリにならず、
それどころか笑い声の絶えない黒豚だからできる技かもしれんけど。


黒豚4

スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

それを聞けば君という人間がすべて分かる歌を歌え。



いいかよく聞け。
トラックではねられ死ぬ前に1曲だけ歌う時間がある。
聞いた人間が絶対忘れない1曲。
この世で君が感じたことを神に伝える曲。
それを聞けば君という人間がすべて分かる歌を歌え。

君の心から湧き出す曲。
人はそういう曲に耳を貸す。
そういう曲が本当に人を救うんだ。
それは信仰とは何も関係ない。
自分を信じるかどうかだ。


------------
心が震えた。
今まで聴いた中で一番の名言かもしれない。

映画『ウォーク・ザ・ライン』の冒頭30分だけまず、見た。
カントリー歌手ジョニー・キャッシュの伝記的映画。
その中、人生かけた(本当に)オーディションの場面で、
主人公が言われる言葉が上のこれだ。


僕は、今後、自作曲を歌う若く熱い男には、みなこの意識で挑む。
そして、僕自身も、たった一曲でいい、そんな歌を一生のうちに作りたいと思った。



ジョニー・キャッシュ


テーマ : バンド活動♪ - ジャンル : 音楽

岐阜音楽界のアニキ、ミズノケンが動いた!!



僕が、音楽を仕事にしたのは岐阜が初めてだ。
岐阜にいるすんげえ、でも愛すべきアマチュア・ミュージシャンの、
溜まり場のそのほこりっぽい空気が、僕を音楽の道へ進ませた。

アマチュア・ミュージシャンこそかっこいい。
そう思った。

そんな人と、それに心打たれる感受性を持った人達のために仕事したい。
そう思った。


そんな岐阜ミュージシャンの元締め、ミズノケンさんがyoutubeに動画をあげはじめた。


エノケン 私の青空



コーヒーブルース 高田 渡 cover




キャラバン (Caravan)



ケイタイ持ってない、平成の素浪人ミズノさんに、こんな日が来るとは。
ご友人にアップロードしてもらっているらしいけどね。


あらためて、ほんまに最高!
だけど、
麻薬のようにファンキーなバンドでの演奏や、
酒をぐびぐびしたくなる弾き語りなど、
まだまだ映像に捉え切れてない部分もあると思います。


これからが楽しみです。
モアベター。

みなさん
http://www.youtube.com/user/gutsno1/videos?view=0
をお気に入りに入れてください。

岐阜の、他のスンバラシーミュージシャンの動画もちょこちょこあがっています。



ベーコンスリム

とかね。
岐阜最高ォ!西宮も頑張るで。

テーマ : 毎日が音楽だ - ジャンル : 音楽

スラッシュ・メタルが僕のふるさと。


実は僕はメタラーなのだ。
J-POPの次にハマったのはHR/HM
(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)だった。
なんと卒論もメタルをテーマに書きましたよ(笑)。


Destruction - Thrash Till Death (Live Wacken 2007)

→メタルは一生懸命。
→メタルはカウンターカルチャー。



Testament - Into The Pit (Live In London 2005)

→メタルは緻密の積み重ねの爆発。
→メタルはオジサンによる神業。


正直今はたまにしか聴かないけど、
聴いたら心を超ハイテンポでなぐりとばされる。

メタルを通じてたくさんの人とも出会えた。
僕の原点です。



テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

氷室京介はロックやないんやて!


新しい環境で、今までと違うCDをなぜか聴いています。
配置が変わったから目に入るんだよね。

中でも、二度と愛することないように思っていた「氷室京介」が意外に楽しめました。


氷室京介 STAY


決して叫ばない。
低音で押す。

以上二点から、若かりし僕にはフラストレイションたまる品だったのだけど、
今、なぜかしっくりきた。

PVやステージアクションはくそダサいんだけどね(笑)。
いいじゃない、大人のポップ・アートで。ロック的「暴れてます」アクションはいりませんよ。
まあファンがそういう「ロック=不良」が好きな人たちやから仕方ないけどね。

落ち着いていて行き届いていて。でも湿った熱情とGROOVEが秘められている。
そんな本当のヒムロックが好きなんだよ。


テーマ : J-POP - ジャンル : 音楽

 | ホーム |  次のページ»»

プロフィール

studioMONDO

Author:studioMONDO
①基本情報はこちら!ホームページ「モンジャクシン」
http://cdmondo.web.fc2.com/



②毎日更新!Facebook内「音楽スタジオ モンジャクシン」
https://www.facebook.com/StudioMondo01





③動画一覧!「ライブハウス モンジャクシン」
http://www.youtube.com/user/MondoJackSin/videos




④日々だだもれ!Facebook内「篠原 義朋モンジャクシ」
https://www.facebook.com/yoshitomo.shinohara


☆お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

☆毎日更新?twitter☆

カテゴリ

リンク

最新コメント

来場者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。