スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビートライブス万歳!そしてもちろんビートルズ万歳!!




ザ・ビートルズ/ゲットバック(カバーbyザ・ビートライブス) @モンジャクシン



ディグ・ア・ポニー(カバーbyザ・ビートライブス)



ビートルズの音ってさ、CDでしか、つまりスピーカーを通してしか聴いたことないわけ。
それが、アンプやドラムスから出てるわけ。
体で感じることができるわけ。

また、メンバーの表情や動きもビートルズを思わせる(ポールの動きとジョンの顔そっくりすぎる!)
声もそっくりでさ。



イエロー・サブマリン(ザ・ビートライブス)


完コピなんか聴いてどうすんねんって言う人、ごくまれにいるけど、それは違うね。

目の前で演奏していること、
そしてアンプからじかに音が出ていることが重要なんだ。


ライブってのはCDを聴くのと違って、体中で音楽を感じることなんだ。
カバーだってそう。
ビートルズを、全身で感じられるなんて最高の幸せやろ?



レディ・マドンナ(カバーbyザ・ビートライブス)


20代から60代までのお客さんたち、全員がとんでもない笑顔だった。
名曲を26曲も聴いたのに、みんなまだリクエストがやまない。
僕だって、「シー・ラブズ・ユー」も、「愛こそすべて」も「抱きしめたい」も「エイト・デイズ・ア・ウィーク」もまだ聴いてないやん!と気付いた。
驚いた。ビートルズには名曲がどれほどあんねん!!



タックスマン(カバーbyザ・ビートライブス)


また夏には、リヴァプールでのビートル・ウィークに3度目の出場をしに行くらしい。
名実共に世界的なバンドやな、ビートライブスは。


うちは駆け出し弱小店。
いたらないとこ、あった。

だけど、またビートライブスに、年1回でもライブしてもらえるよう頑張ろう。
学ぼう。


そう決めました。
だから、次回は、今回来なかったあなた。
是非いらしてください☆



イン・マイ・ライフ(カバーbyザ・ビートライブス)


そして、ビートライブスは各所でライブやってます。
情報は、是非、彼らのホームページをご覧ください☆
http://beatribes.digi2.jp/



バック・イン・ザ・U.S.S.R(カバーbyザ・ビートライブス)


CIMG7384 30
みなさん、ありがとー☆


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

studioMONDO

Author:studioMONDO
①基本情報はこちら!ホームページ「モンジャクシン」
http://cdmondo.web.fc2.com/



②毎日更新!Facebook内「音楽スタジオ モンジャクシン」
https://www.facebook.com/StudioMondo01





③動画一覧!「ライブハウス モンジャクシン」
http://www.youtube.com/user/MondoJackSin/videos




④日々だだもれ!Facebook内「篠原 義朋モンジャクシ」
https://www.facebook.com/yoshitomo.shinohara


☆お気軽にメールください☆

名前:
メール:
件名:
本文:

☆毎日更新?twitter☆

カテゴリ

リンク

最新コメント

来場者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。